【GAS】GoogleAppsScriptで新規のスクリプトを実行する手順

Google Apps Script

GASで新規のスクリプトを作成する方法は、二つあります。

そして、新規で作成したスクリプトを実行する時、必要な作業があるんです。

あなたも出会ったことがあるのではないでしょうか…「承認が必要です」さん。

これがなんの承認なのか、どんなタイミングで必要なのか、説明させていただきます。

新規スクリプトの作成手順と実行手順

まず、新規スクリプトを作成する方法は、2通りあります。

①Googleドライブにプロジェクトファイルを保存する方法
②スプレッドシートなどの親ファイルに紐づけて保存する方法

作成方法は2通りありますが、実行までの流れは同様です。

作成方法について、1つずつ見ていきましょう。

Googleドライブにプロジェクトファイルを保存する方法

■手順①

Googleドライブを開いて、左上にある「+新規」を選択。

■手順②

「その他 >」を選択し、「GoogleAppsScript」を選択。

スプレッドシートなどの親ファイルに紐づけて保存する方法

■手順①

Googleスプレッドシートを開いて、新しいスプレッドシートを作成の「空白」を選択。

■手順②

ツールタブから「スクリプトエディタ」を選択。

新規スクリプトの保存から実行までの手順

■保存

コードが完成したら、保存ボタンをクリックします。

ダイアログ「プロジェクト名の編集」が表示されるので、プロジェクト名を入力して「OK」をクリックします。

※例では、プロジェクト名を「Helloを表示する」としています。

■承認

続いて、実行ボタンをクリックします。

すると、「承認が必要です」ダイアログが表示されるので、「許可を確認」をクリックします。

「アカウントの選択」画面が表示されるので、スクリプトを実行するアカウントを選択します。

「このアプリは確認されていません」画面で、「詳細」をクリックします。

詳細が表示されるので、「プロジェクト名(安全でないページ)に移動」をクリックします。

「アクセスをリクエストしています」という画面が出てくるので、「許可」をクリックします。

許可が完了すると、スクリプトが実行されます。

※例のスクリプトは、「Hello」と画面に表示するものです。

スクリプトの作成・実行手順は以上となります。

なにを承認しているのか

(承認の手順にあった画面です)

スクリプト実行ユーザーに対して【Helloを表示する】というスクリプトを、実行する環境(今回だとスプレッドシート)のアクセスを許可する。

説明って難しいですよね…。

スクリプト実行ユーザーが、作成したスクリプトを実行すると、GASがスプレッドシートにアクセスします。

すると、【Helloを表示する】の実行結果として、スプレッドシートに「Hello」が表示されます。

つまり、何を承認したのかというと「スプレッドシートの表示、編集、作成、削除」をあなたのアカウントで実行します。ということです。

承認が必要となる場面とは

承認する場面は、先ほど説明した新規スクリプトの実行を含めて3回あります。

①新規スクリプト実行
②別のアカウントでスクリプトを実行
③スクリプト編集により、別のアプリへのアクセス許可が必要

①の説明は省きます!

別のアカウントでスクリプトを実行

【Helloを表示する】を作成したユーザーとは別のユーザー(アカウント)でスクリプトを実行した場合です。

スクリプト実行ユーザーに対して、「承認」が求められます。

スクリプト編集により、別のアプリへのアクセス許可が必要

【Helloを表示する】のスクリプトに「Gmailにアクセスし「Hello」と書いたメールを送信する。」という機能を追加した場合です。

この場合だと、スクリプト実行ユーザーに対して、「Gmail」へのアクセス許可が求められます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一度経験すると、なんてことない作業ですが、初めて実行される方にとっては「承認が必要です」なんてでてくると驚きますよね!

一度承認してしまえば、次回からは実行ボタンをクリックすれば実行できますのでお試しください!

ちなみに、ビジネス向けに提供されている「G Suite」の場合は、承認手順がもっとシンプルになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました